解体費用の相場~構造別に解体工事に必要な費用をプロが解説

解体費用の相場ってどれくらい?構造・建物別に解説!

空き家対策特別措置法の施行により、空き家をそのまま放置することは所有者にとって損にしかならず、各所有者は対策を求められる状況になりました。
以前のように完全に放置することが出来ず、最低限の管理と増える税金によって、空き家を解体することを考える人も少なくありません。

しかし解体費用は地域や家ごとに変わっていきます。
そこで今回は解体費用について詳しく説明していきます。

地域や家ごとに解体費用が変わる訳

解体費用は地域や家の構造によって変わります。
同じ地域で似た構造の建物を解体する時でも若干解体費用が変わっていくものですが、何故そのような差が出るのでしょうか。
実は解体費用を算出する際には家の他にも周囲の状況も考慮するのです。

家の構造

一般の人でもわかる解体費用の違いが出る点というのはやはり家の構造でしょう。
家の構造には木造や鉄骨造、鉄骨コンクリート造など種類があり、壊しやすい木造の建物が最も解体費用が安くなっています。
また、家が大きければ大きいほど解体費用が掛かります。
他にも杭の種類や数によっても解体費用は変わっていき、杭が多ければ多いほど解体費が高くなっていきます。

接道している道路の幅

これは意外だと思うかもしれませんが、道路の幅は解体費用算出に非常に重要になってきます。
道路の幅は、解体したごみを運ぶトラックや解体するための重機などが通れるかで解体費が大きく変わります。
そのため、私道のような狭い道路の場合、トラックや重機が建物付近まで入ることが出来ず、全て人が作業を行うことになります。
重機よりも時間と人件費がかかるため、全て人が作業を行う場合は解体費が高くなってしまいます。

家屋以外の建物の有無

家屋以外にも小屋などがある場合はそちらの解体費用も上乗せされます。
木造の小屋などはいいのですが、古くから存在する蔵の場合はかなり頑丈に作られている可能性が高く、解体費用が跳ね上がる可能性があります。

樹木の有無

空き家のなどの解体は基本的に更地にするため、樹木などがあれば伐採しなければなりません。
その樹木の伐採も木を切るだけなのか、根から抜くのかによっても変わってきます。
もちろん、根から抜くほうが費用が高くなるので、解体業者と相談しながら決めるといいでしょう。

産業廃棄物の有無

産業廃棄物の処理は解体業者だけではできません。
産業廃棄物がある場合は基本的に山魚廃棄物を出した業者自ら処分することになっていますが、もしそれが出来ない場合は外部に委託しなければならなくなります。

解体業者が排出事業携わっており、自社で処理施設を持っていればまだ安く済むのですが、そのような業者は少なく、多くの場合は外部に委託することになります。
この時に処理業者の場所が遠ければ輸送などの費用が高くなっていきます。
一般家庭で産業廃棄物が出ることはほとんどないですが、空き家が元々事業をしていた場所となると産業廃棄物がある可能性があるので、解体前に一応調査しておきましょう。

他にも空き家の中にあるリサイクルできるものの有無や金属スクラップなどは解体業者に買い取ってもらうことができるので、リサイクルできるものが多ければ多いほど解体費用は安くなっていきます。

構造ごとの解体費用の相場

実は解体費用は地方などの田舎のほうが安い傾向にあります。
これは敷地や道路が広く作られているため、重機やトラックが安々とはいることができるなどの解体しやすい環境にあることです。

逆に都会の住宅街などは家と家との間が狭く、なおかつ狭い道路も多いので、解体費用が田舎に比べて少し高めになっています。

構造ごとの解体費用の目安としては以下のようになります。

・木造 坪単価2~4万円
・鉄骨造 坪単価3~4万円
・鉄筋コンクリート造 坪単価4~7万円

木造と鉄骨造では大きな差はありませんが、鉄骨コンクリート造は他に比べ頑丈が違い、廃棄物の量も多いので、解体費用が高くなっています。
また面積が狭い家ほど坪単価の単位が高くなっている傾向にあります。

家には平家と2階建て、3階建てと階数に差がありますが、基本的に平屋が一番坪単価が高くなっています。
これは1階に基礎が入っているためで、2階建てや3階建ては1階から上を重機で崩すだけになり、そこまでの費用はかからないからです。
そのため、全体的な金額は平家が一番安いのですが、坪単価で考えると最も平家が高くなるのです。

他の構造の解体費用についてもまとめてみましたので参考にしてみてください

・アパート類 坪単価3~9万円
・ビル・マンション 坪単価 2~7万円
・店舗・工場 坪単価1~18万円
・内装解体・原状回復 坪単価0.5万円~13万円

解体費用の内訳

解体費用を比較するうえで、知っておきたいのが解体費用の内訳です。
薄利の業者などでは内訳の相場が変わっていきますが、一般的な相場は下記の通りになっています。

・作業員の人件費    3~4割
・廃棄物処分費用    3割前後
・養生や燃料などの経費 2割前後
・解体業者の利益    2割前後

作業員の人件費

作業員の人件費は内訳の中で大きな割合を占めています。
30坪程度の住宅の解体ならば、重機の有無などにより変わっていきますが、大体3人前後の作業員が作業に当たります。

解体期間は、雨天などの場合を除き木造の建物なら一週間~10日前後かかります。
作業員は基本的に日当で計算されており、大体1~2万円程度であることがほとんどです。
重機が入らない現場や大きな住宅、鉄骨などの場合は作業期間が長くなるので、解体費用がさらにかかることになります。

廃棄物処分費用

廃棄物を処理上で処理する際に、解体業者は処理場に代金を支払わなければなりません。

30坪の木造住宅の解体を行った際の廃棄物は、約9トンの木くず、約20トンのコンクリート、約1トンの石膏ボード、約8トンの混合廃棄物の合計約38トンもの廃棄物が出ると言われています。
その量の廃棄物を処分するには手間がかかるため、必然的に廃棄物処分費用は人件費と同じくらい高額になるのです。

要請や燃料などの経費

これは現場を囲うために使用する養生足場のレンタル費や重機などの燃料代、重機を運ぶためのトレーラーのレンタル費用や役所への申請のための手間賃などが含まれています。
個々を見てみてるとそこまで高額ではありませんが、何分量が多いので、積み重なって比較的高い金額がかかるのです。

解体業者の利益

内訳の最後にあるのが解体業者が、工事から得ることのできる利益分です。
1~2割という数字は他の建設業界の仕事の中では決して高い物ではありません。

家を建てるハウスメーカーが提供する住宅の利益率が3~5割程度と言われており、それに比べるとかなり利益率を落として仕事をしているのが分かります。
さらにこの利益から、工事に直接携わっていない事務員などの社員への給料、重機や工具の買い替え費用等が支払われるので、解体業者が得る純利益はさらに低くなります。

大雑把ではありますが、解体業者の解体費用の内訳はこのようになっています。
もちろん、会社ごとに割合は変わっていきますが、決して解体業者が得ることが出来る利益は多いとは言えず、業界の中では薄利の業種と言えるでしょう。

解体費用の安いところは安心していいのか

解体費用の見積もりをしてもらう際には、1社だけではなく複数の会社に見積もりを取ると思います。
その際に一番安いところにお願いしたいと考えると思いますが、ただ価格を見るだけではなく、解体の内容をキチンと確認することが大事になってきます。

何故なら解体業者ごとにどこまで行うのかが違っているので、高い見積もりと安い見積もりの業者では解体内容が違う可能性があるのです。
見積もり時に差が出やすい項目には下記のような内容があります。

・仮囲い養生面積
・残置物撤去費用
・アスベスト撤去費用
・杭抜き費用
・残土処理費用
・整地後の手入れ
・ライフライン撤去費用

この中でも残置物撤去費用の有無が特に多く、安い価格の解体業者では残地部撤去費用を別途で請求してくる業者もあります。
そのため、見積もり段階では一番安いが終わってみれば、一番費用がかかったという状況になりかねません。

また更地にして売るのであれば杭抜きも必要になってくるので、杭抜き費用が解体内容に入っていない場合は、別途見積もりをしてもらう必要があります。

さらに解体内容にとどまらず、解体業者各々の安全基準や近隣配慮の水準、リスク回避の意識や施行技術の差にもなっています。

安い解体業者は、企業努力や解体業者の利益を極限まで削っているなどで見積もりしているのであればいいのですが、やるべきことをやらずにただ解体するだけなどの手抜きの仕事を行っているのであれば、それは後々トラブルに発展します。

・近隣住民への説明を行わずに解体作業を行う
・早朝から夜遅くまで解体作業を行うなどの、近隣住民への迷惑行為
・残置物を地中に埋めて、次に新築工事をする際のトラブル
・隣地に残置物を置きっぱなしにする
・道路への鉄板養生を行わなかったため、道路にひび、または道路が割れる
・アスベストの適切な処理をしなかったため、役所への通報
・途中で採算が合わなくなったため、解体途中で放棄される
・業者の不法投棄による通報

上記以外にも様々なトラブルの事例があります。
そのため、ただ安いだけではなく、解体内容の吟味や業者への信頼感などを考えて解体業者を選ぶようにしましょう。

解体費用まとめ

解体し、更地にするだけの解体費用は決して安くはありません。
家の構造や道路状況などの立地に大きく左右されるため、見積もりは必ず数社まとめて見積もりをするようにしましょう。

そして、見積もりの解体内容を見て分からないところはキチンと聞いて、無用なトラブルを避けるように心掛けなければなりません。
価格だけで解体業者を選んでしまうと、トラブルのもとなので、安すぎる見積もりは慎重な姿勢で、業者に根掘り葉掘り聞くようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です