リフォーム業者の選び方と多い3つのトラブルについて

スポンサードリンク

 

相続した古い家をリフォームして、今風の家に改築したいと考える人もいるかと思います。

この際にリフォーム業者選びというのは、決まった選び方はありません。

というのもリフォームなどの建築業界というのは、依頼された会社の下請けや孫請け業者、もしくはさらに離れた会社に依頼することが多く、質も費用も実際に行う建築業者によって大きく変わります。

そのため依頼主で下請けや孫請けを選ぶことが出来ません。

そこで今回は、リフォーム業界の解説と、業者の選び方のポイントを解説していきます。

リフォーム業界について

リフォーム業界の中に入っているリフォーム業者というものは、リフォームを専門に行っている業者だけではなく、建築メインだけれどもリフォームも扱っている業者なども含まれます。

他にも施行できるだけの下請けを手配できるのであれば、何も建築業者である必要性もないのです。

そのため、様々な業者がリフォーム業者に存在し、会社が大手であっても必ずしも自社施行であるとは限らないのです。

そこで、最初にリフォーム業務を取り扱っている会社の種類について解説していきます。

住宅メーカー

住宅メーカーは主に新築住宅の建築と販売を行っている会社であり、住宅メーカーがリフォームを請け負っている場合は基本的にグループ会社か下請け会社になります。

グループ会社でなら、メーカー事態の看板を背負って営業しているので、技術的な面では安心感は高いでしょう。
しかしグループ会社の場合は、基本的に親会社のメーカーが建てた建物のみを対象としている場合があり、違うメーカーで建てた家の場合は他の下請け会社に委託することもあります。

工務店

工務店は大手と中小によって違いが生まれます。
大手の工務店は住宅メーカーのように自分のグループ会社で行うか、下請け会社に任せることが多いです。
中小の工務店ならば、建設業として全般をカバーしていることが多く、新築住宅からリフォームまで自社で行うことがあります。

自社で行うのか下請けで行うのかは、依頼内容によって変わる場合がほとんどで、自社でやる場合は設計や施行までを全て行うこともあります。
他にも中小の工務店というのは住宅メーカーや大手の工務店からの受注に対応しているケースもあるので、メーカーに依頼しても施行は工務店で行うといったケースも少なくありません。

設計事務所

設計事務所は設計をデザインしたり、顧客の依頼に対して設計図面を作成する仕事を行っています。
設計事務所にリフォームを頼む場合は、デザイン性の高いリフォームを好むケースが多く、デザインにこだわりたいのなら設計事務所一択でしょう。

スポンサードリンク

しかし設計事務所も多種多様であり、設計事務所ごとにデザイン性の高さの基準が変わっていきます。
さらに、設計事務所自体は施行を行う会社ではないため、必然的に工務店などに外注して行うことになります。
工務店によっては設計士の書いた図面に納得いかず、工務店の建築士による図面の書き直しの可能性もあるため、スムーズなリフォームというのは難しいかもしれません。

リフォーム会社

住宅メーカーのようなリフォームも行っている会社ではなく、リフォーム専業で行っている大手会社というのは多くありません。

多くは地域密着型のような中小規模の会社が多いのですが、以前起こった問題として、リフォーム会社を自称しておきながら、自社では全く施行や設計を行わずに他社に丸投げしていた会社も存在し、ニュースに大きく取り上げられた事例もあります。
そのため、リフォーム会社自体のイメージが悪くなりつつあり、顧客側も警戒しているのが現状です。

そのためリフォーム会社に直接依頼する際には、その会社のことをキチンと調査して、信頼できそうであれば依頼するなどの対策をしたほうがいいでしょう。

リフォーム業界以外

リフォーム業界以外では、ホームセンターのコメリや家具で有名なニトリなどが候補に挙がります。
こういった業者はリフォームを下請け業者に流している形態をとっているため、実際の施行会社はどこかは自分で調べるのは難しいでしょう。

しかし施行実績をキチンと開示している業者ならば、ある程度の安心感は得られるかと思いますので、どうしても業者を絞り切れないなどの事情がある場合は、こういった異業種の業者に依頼するのも手でしょう。

リフォーム業者について

リフォームの場合でも住宅を建築する場合でも、一つの業者が全てを施行することはほとんどありません。
基本的には依頼した業者と、下請けもしくはグループ会社で行うことになります。

屋根や外壁、トイレといった個所のリフォームを依頼したとしても、契約した業者がそれぞれ別の業者の下請けを使うケースがあります。
屋根の下請け、トレイの下請け、外壁の下請けと別々の下請けを使うことにより、それぞれ仕事を与えることができ、個所によって得意な下請けがいるのであれば、ある程度費用を抑えることもできるからです。

逆に全てを自社で施行すると、人件費や技術的な問題で費用やリスクが増えるので、トラブルになる可能性もあります。
このようにリフォーム業者というのは一枚岩ではなく、施行を受け持つ多数の下請け業者やその下の業者に支えられて成り立っているものなのです。

大手と中小の差

リフォーム業者には大手や中小規模の業者など様々な会社がありますが、リフォームに関していえば、会社の規模というのは関係ありません。
キチンと仕事をする下請けを手配できる業者であれば、依頼する業者の規模は関係ないのです。

しかしどのリフォーム会社もどの下請けを使うのかをお客さんに伝えることはなく、下請け業者を知らずに依頼することがほとんどです。
そのため、大手の業者でも技術に疎い下請け業者に施行を依頼する可能性もあり、逆に中小でもいい下請け業者に依頼する可能性もあるため、業者選びというのはホームページなどで公開している実際の工事実績などを参考にするしかないのです。

実際の工事実績について

リフォーム会社というのは、受注メインで、さらに自社で施行を行わないところが多いため、下請けの数が多ければ多いほど、どんな仕事も受け付けます。
中には、下請けが決まっていないのに話を進め、後から下請けとトラブルになったり、いつも使っている下請けではない別業者に流すような悪質な業者もいます。

そのため、リフォーム業者選びというのは難しいのですが、一つのポイントとして、その会社の工事実績を見ることである程度は選別できると思います。
工事実績というのは、業者のホームページや、会社に保管していたりするので、電話などで問い合わせてみるのもいいでしょう。

その工事実績に、自分の理想としているプランに似たものがあれば、既にそのリフォームは経験済みということなので、リフォームの提案も柔軟に対応してくれるでしょう。

地域の工務店

地元にある中小規模の工務店は、下請けも地元の業者に頼むことが多く、下請けの技術や管理能力についても詳しい可能性が高いです。

地域の業者というのは横社会が基本で、信用が一番大事になってきます。
そのため地域の業者とも仲良くすることで、下請け業者のことも比較的詳しいことが多いのです。
希望するリフォームの内容によっては、そのリフォームが得意な業者に依頼することが多く、比較的安心して頼むことが出来るでしょう。

リフォームの費用について

どんな場合でも、気になるのはリフォーム費用だと思います。
リフォーム費用はリフォームの内容や業者によって差が大きく、査定の安さで選ぶと失敗しやすいというのが現状です。

そのためにも複数のリフォーム業者に見積もるを取るという方法もありますが、あまりに高い査定とあまりに安すぎる査定には注意したほうがいいでしょう。
極端に高い費用というのは、本来不必要な部分まで行っている可能性があり、無駄な費用をかけてしまいます。
極端に安い場合では、突貫工事のように素早く終わらせて人件費を浮かせる場合が多く、リフォームの出来もあまりよくない可能性があります。

安い業者に依頼した場合のトラブルについて

あまりに安い業者に依頼した場合、高い確率でトラブルになりやすいです。
そのトラブルについて解説していきます。

渡された設計図面との差異がある

リフォームを実際に行ってみると、設計図面では上手くいくはずのところが、現実では上手くいかないということは稀にあります。
そういった場合は、依頼者に相談しながら設計図面を書き直して行うものですが、施行している業者が相談もなしに勝手に設計図面を書き直して行う場合もあります。
もちろん、依頼者としてはリフォームはうまくいってる前提なので、こまめにチェックなどはしないでしょう。
そのため、完成してから差異に気づいてトラブルになるといた事態になりかねません。

保証について

リフォームして数ヶ月でリフォームした箇所が依頼者の瑕疵がなく勝手に破損したなどの場合、依頼した業者の保証やアフターサービスがあれば無償や格安で直してくれる場合があります。
しかし格安の費用で行っているリフォーム業者の場合はその保証やアフターサービスがない場合が多く、その場合も多くの費用をかけることになります。

実は保証やアフターサービスは民法上、必須なものではなく、なくても法律上は問題ないのです。
しかし瑕疵担保責任によって、損害賠償請求は可能なのですが、それを損害賠償請求には時間がかかるため、すぐに取り戻せるわけではありません。

追加費用を請求される可能性

リフォームしているときに、思った以上に長引いてしまった場合や素材を勝手に変更して費用が増えてしまった場合は、もしかしたら追加費用を請求される可能性があります。
もちろん、これは違法であり基本的に行ってはいけないことです。

しかしその点を知らない人にとっては、支払わなければならないと感じてしまい、支払ってしまう人が多いのですが、基本的には支払わないようにしましょう。
もし、支払わないことでトラブルになってしまった場合は、最寄りの弁護士事務所などに相談するなどの対応したほうがよろしいでしょう。

見積もりの注意点

複数の業者に見積もりを出す際は、同じ工事の内容で見積もらなければ意味がありません。
施行する業者によっては、取り扱う素材や設備が異なるため、まったく同じ内容になることはほとんどありませんが、そういった素材や設備についても詳しく聞くようにしましょう。

リフォーム業者によっては、内訳を詳しく出しているところと、大雑把な内訳で金額だけ書いているところとがあり、そういった点も業者を見るポイントになります。

大手と地元の業者の差

大手のリフォーム業者と地元の業者とでは費用に差は出るのでしょうか。
結論から言いますと、差が出る可能性が高く、大手のほうが高くなりやすい傾向にあります。
これは、大手ではCMなどの広告費やショールームなどの広報費にお金をかけており、さらに全国的に営業所を作っている等、施行以外に多くの費用がかかっているからです。

こういった現象はリフォーム業者に限らず、不動産業者においても同じことが言えます。
大手はその膨大な資金力から、どんな高い土地でも買うことができますが、中小規模の土地ならば、大手よりも中小規模の不動産会社のほうが高い金額が出やすいのです。

もちろん、絶対とは言えないのですが、大手だからといって大手だけに見積もりを出すと損が出やすいというのは確かです。

まとめ

リフォーム業者選びというのは本当に難しく、悪質な業者に当たってしまう可能性も0ではありません。
そのため、時間がかかっても慎重に行う必要があり、決して費用が安いからといって安易に決定しないことをお勧めします。

また、大手だからと言って完璧に信頼するのではなく、地元の業者にも声をかけて一緒に見積もりすることで、無駄な費用を支払わずに済むことでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です